ACTOR'S TRIBE ZIPANG プロデュース「EBBING HOUSE~忘却の彼方~」

佐久間采那ちゃんの出演舞台、
本日初日!
 
采那ちゃんの初舞台初日が、
ちょうど一年の今日。
 
采那ちゃんの8/1は今年も舞台の初日になりました。
 
https://twitter.com/stage_top
 
≪舞台概要≫
脚本・総合演出を世界的人気アニメ映画【ポケットモンスター】シリーズや
現在大ヒット中のアニメ【ベイブレード】シリーズを手掛ける園田英樹
また自身も数々の舞台に主演する鳳恵弥が初演出を担当、出演もする。
 
主人公にはスーパー戦隊シリーズボウケンジャー》で人気を博し、
その後は俳優としてはもちろん写真家、デザイナー、プロデューサーなど多彩な活躍を続ける齋藤ヤスカ
その主人公を育てた女丈夫の祖母には大ヒットドラマ《太陽にほえろ》のマミー刑事、
今年は主演を含めた映画作品が続々封切られている長谷直美。
 
プロデューサーを務める“人脈の達人”こと内田雅章が
最も大切にする親孝行をテーマに家族、夫婦、親子の愛情を描きます。
 
インターネットの隆盛から20年、
人と人との繋がりが希薄になっていると言われる現代だからこそ、
この物語を贈ります。

 
【ACTOR'S TRIBE ZIPANG プロデュース】
「EBBING HOUSE~忘却の彼方~」

_______________
【日程】
 令和元年8月1日(木)~4日(日)
【劇場】
 劇場MOMO
 
【脚本】園田英樹、高原フヒト
【演出】鳳恵弥
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

イメージ 1
 
■■あらすじ■■ 
新進気鋭の経営者として著作もヒット、
テレビ番組への出演も果たすなど着実な成功への道を進んでいるように見えた武智謙介だったが
その実像は偽りに溢れていた。
過去のコンプレックスと日々の仕事へのストレスから道を踏み外し始めている彼に
多忙を理由に蔑ろにしていた家族からの一報が入る。

 
自分がまだ何者でもない時から献身的に支え、
励ましてくれていた愛する妻の病から忘れていたかつての記憶を呼び覚まし、
家族と向き合う中で人生を取り戻す1人の男の物語。
 
『父さん、母さん、僕はまだ間に合いますか?』

 
■■日程■■  
[令和元年]
8月1日(木)
 18:00-【覚】
8月2日(金)
 14:00-【銘】
 19:00-【覚】
8月3日(土)
 12:00-【覚】
 15:30-【銘】
 19:00-【覚】
8月4日(日)
 13:00-【銘】
 16:00-【銘】

※開場は開演の30分前
 受付開始は開演45分前
 
■■劇場■■  
劇場MOMO
(@中野)
 
■■キャスト■■  
 齋藤ヤスカ
 長谷直美
 鳳恵弥
 
 五代了平 【銘】
 佐々井隆文 【覚】
 佐久間采那
 工藤沙緒梨 【覚】
 冨田恭子 【銘】
 亀吉
 岸野佳乃子
 沖田晃宗
 金川
 タッド櫻井

 
■■チケット■■  
[エリア指定]
【S席】8000円
【A席】6000円

 
■特典付き数量限定チケット
【TRIBEチケット】
(Sエリアチケット+特典)
 12000円

 
※当日精算は+1000円
 
 
AI7期生,8期生が出演していた
清らかの翌週は、
 
AI1期生が出演の舞台
(そして来週は3期と4期)
 
突然発表となった感じでしたが、
観に行ける日程で良かったです。
 
舞台出演2年目に采那ちゃんも楽しみにしています。
 
 
MOMOにしてはチケット代が高すぎな気がする・・・
元々ですが、事前の告知,宣伝のスタイルからも制作に不安しかない・・・
 
制作が、
ホントに不安。
 
そんな舞台でもあるので、
リピートがちょっと怖い
 
 
 
 
でも采那ちゃんの出演は楽しみ。
 


イメージ 2